マテリアルについて

モレラートについて | 歴史と沿革 | 品質と技術 | マテリアルについて

モレラート時計ベルト素材について

モレラート時計バンドは、様々な素材を使用して作られております。
その中でも代表的なものをここでご紹介させて頂きます。

カーフスキン(Calf Skin)

生後6ヶ月以内の仔牛の皮をなめしたものです。きめ細かくやわらかいため、牛皮の中で最も上質とされます。

クロコダイル(Caiman Crocdylus Fuscus)

中南米産のカイマンワニのわき腹部分の皮を使用しています。高級クロコダイルとしては最も一般的な素材です。

アリゲーター(Alligator Mississipinesis)

アメリカ南東部産ミシシッピワニの腹部の皮を使用しています。
ワニの中でも最高級品とされるもので、さらに竹符と呼ばれる腹部の中央から取れる
模様は1頭から数本しか取れず、とても貴重なものです。

リザード(Varanus Niloticus)

トカゲの中でも高級品とされるナイルオオトカゲを使用しています。
染色によって特に綺麗な発色が得られる為、
モレラートの持つ鮮やかかつカラフルな発色を引き出すマテリアルの1つです。

テジュ・リザード(Tupinambis Teguixin)

トカゲの中でも特に高級とされる、テジュトカゲというイグアナの一種を使用したバンドです。
腹部の細かい模様からコントラストのように大きくなる模様は、特徴的な風合いを感じさせます。

サドルレザー(Saddle Leather Calf)

この革は馬の鞍(サドル)に使用される丈夫なもののためサドルレザーと呼ばれ、
使い込む程に皮の表面が飴色に変わり重厚な風格を帯びてきます。

パイソン(Python)

パイソンとはニシキヘビ等の大型の蛇の総称で、ダイヤモンド型のうろこや個性的な斑紋が特徴です。
高級爬虫類皮革素材のひとつです。

オーストリッチ(Struthio Camelus Autruche)

ダチョウの皮で、羽を抜いた後の毛穴が特徴的です。非常に丈夫で、使うほど手になじみ、艶も出てきます。

PAGE TOP